レンタルサーバーと自社サーバーどちらが得か

main-img

最近の企業活動に於いてはインターネットをはじめとするサーバーの利用が必要不可欠です。企業の対外的な広報活動や販売促進に始まり、顧客との連絡を行う為の電子メールや社内の情報を共有するための情報共有など、様々な用途で利用されることが多いものです。そのため多くのサーバーの利用が必要不可欠になりますが、これらのサーバーをレンタルサーバーで実現するか、自社サーバーで行うかのどちらが企業にとって得になるのかは十分な検討が必要です。

通常レンタルサーバーは毎月安い料金で利用することができ、また必要な基本ソフトが用意されすぐに利用できると言われています。

サーバーの珍しい情報をご紹介しています。

しかし、その用途によっては様々な費用が別途必要になったり、管理運用が別途必要になることもあるのです。


例えば社内の情報共有のためのサーバーに付いてはインターネット回線を直接接続すると情報漏えいの原因となるリスクが高いため、暗号化ソフトを利用したりVPNと呼ばれる暗号化回線を用意したりといった特別な用意も必要となります。
レンタルサーバーは価格が安くすぐに利用できるというものがほとんどです。

AllAboutの口コミ情報を参考にしよう。

その為、自社でサーバーを購入し運用するのに比べると非常に得だと感じてしまうことが有りますが、これは一定の用途や利用条件で比較しているためです。



特殊な利用を行いたい場合や、基本的な利用であっても社員数が多いなど特殊な場合には必ずしもそうであるとは限りません。

レンタルサーバーの利用を検討する場合には価格と仕様を十分に比較して選ぶことが大切です。

ためになる情報

subpage1

WADAXは、GMOクラウド株式会社が運営しているビジネス用のレンタルサーバーです。ビジネス用として使える共用サーバーは、セキュリティ対策が万全で、トラブル発生時のための無料サポートもあります。...

more

耳より情報

subpage2

レンタルサーバーは多くの会社が提供しています。したがって、利用者からしてみれば数多くのサービスから最適なところを見つけ出せるというメリットがあります。...

more

よく解る情報

subpage3

レンタルサーバーを個人で利用をしようと考えているのであれば、個人利用に適したサービスを選ぶ必要があります。サーバーには他と異なる点があるため、適当に選ぶと満足できないことになります。...

more

身に付けたい知識

subpage4

ホームページやブログなどを作成したことがない方は、まず、無料のレンタルサーバーを利用するといいでしょう。明確な目的や、継続していくだけの意思がある場合には、有料のレンタルサーバーを利用するのもいいでしょう。...

more